Business Card

高品質な名刺を作成するには?

名刺

名刺は企業のイメージを伝えられる、ビジネスにおいてはこの上ないツールです。その為、多くの経営者の方は、自社の名刺が受け取ったお客様にどれだけ強く印象を残してもらえるか、それを第一に日々切磋琢磨して考えています。しかし、とりあえず急ぎで名刺を用意したいという方も結構多いのではないでしょうか。名刺とは本来、自社のマーケティングをするためのものではなく、社会人としてのマナーそのものです。ですから、名刺を持っていないという状況は避けなければなりません。けれども、急ぎで用意しながら、なおかつデザインもしっかりしたものが欲しいと思うはずです。そんな時、どうするのが得策なのでしょうか。
まず、名刺作成業者に、普通に相談を持ちかけてみましょう。しかし、普通に作成を依頼しては、当たり前に時間がかかってしまうのでは、と考えた方も多いかもしれません。確かに、普通に作成すると、デザイナーとの打ち合わせや試作品のチェックなど、沢山の工程がありますからおのずと完成は遅くなってしまいます。
しかし、近年のサービスでは、急ぎで作りたいと一言添えれば、そういった工程を飛ばして制作することも可能な業者もあるのです。要所は押さえて作られますが、最低限のコンタクトで非常に高品質な名刺が作成可能になったと言えます。名刺をなるべく早く用意したい時は、まずは業者に急ぎで制作することが可能か、確認を取るのが得策と言えるでしょう。

名刺印刷はどんなものが欲しいか目的を明確に

顧客をつかみたい、会社の知名度を高めたい、名刺を制作する目的は人それぞれです。目的が明確だと印刷業者もデザインを提案しやすくなります。オーダーするときは、何のために制作するのかはっきり伝えましょう。また、予算を伝えておくことも大切です。それに沿って進めていけば良いので、業者側としてもやりやすくなります。
名刺印刷は構成が要と言われています。ちぐはぐだと見にくくなって美しくありません。どこに会社名、名前、住所、アドレスを掲載するのかで良し悪しが決まるので、慎重に選択しましょう。また、上下、左右名刺のどこを中心にするかで雰囲気がガラリと変わってきます。ロゴマークや文字数に合わせてバランスが良いと思える位置に掲載すると良いでしょう。
顔写真を掲載するのは良いという意見もありますが、悪いという意見もあり賛否両論です。顔を覚えてもらえるという点では良いのですが、プライバシーの面では問題があります。顔写真は抵抗があるけど顔と名前を覚えてもらいたい、それなら顔写真の代わりに自分の特徴をとらえた似顔絵を掲載すると良いでしょう。絵が得意な人は自画像を、苦手な人は少し費用がかかってしまいますが、プロに依頼しましょう。

名刺印刷はカラーが重要

「名刺」はビジネス用とプライベート用に分けるのが一般的です。ビジネス用は清潔感と見やすさ、必要な情報を詰め込めばOKです。プライベート用はビジネス用の名刺ではできない、オシャレでインパクトのあるデザインに仕上げましょう。気をつけたいのはサイズです。名刺ケースに入らないと相手を困らせてしまうこともあるので気をつけましょう。常識のない人と思われないためにも、ケースに入る大きさを提案するのがベタです。
飛び出す絵本タイプ、立てかけて飾れるタイプ、クッキーやアイスクリームを型どったかわいらしいデザインもあります。さまざまな制作例をヒントにして、デザインを提案しましょう。ただ、ほかと似すぎてしまうのはNGです。オリジナリティーを意識して、世界にひとつだけのデザインを制作しましょう。
名刺はカラーも大切なポイントです。カラーコーディネートが良くないと、センスが悪いと思われてしまいます。そう思われないためにも、良い組み合わせをチョイスしましょう。カラーのことは良く分からない人は、ある程度カラーコーディネートを勉強しておくべきです。完璧にする必要はありませんが、名刺印刷をする際に大いに役立つことでしょう。

Sub Menu

スピード重視で名刺印刷を選べば万事快調

ビジネスの場やお客様相手に渡していると名刺はいつの間にかなくなってしまいますから、しばらく肩書きやロゴマークなどが一緒のままとわかっているのなら、できるだけ余裕のあるストック…

業者に名刺印刷を依頼するときの心構え

ビジネスの世界では相手を信頼して任せた方が良いことと、その逆を見抜くセンスが将来の進路を決定付けます。初対面の挨拶でビジネスマンにとっての必須アイテムに名刺がありますが、これ…